石垣島でシュノーケリング マンタと泳ぐ

投稿日:

突然ですが皆さんはマンタという生き物をご存じですか?

水族館で見たという方も多いのではないでしょうか。

マンタは海を雄大に泳ぐ巨大なエイの仲間で、石垣島はそんなマンタと泳ぐことが出来る世界的に有名なスポットなのです。

今回は石垣島で絶対見たい、マンタについてまとめてみました。

 

そもそもマンタってどんな生き物?

マンタは先述したように巨大なエイの仲間なのですが、まずはこちらの画像をご覧下さい。

マンタ

テレビや水族館などで見たという方も多いのではないでしょうか?

ディズニー映画「モアナと伝説の海」にも登場しているので、これまで海に興味の無かった方でも知っている方は多いかもしれませんね。

映画モアナで所々登場するマンタのシーンは印象的でした。

 

マンタの名前の由来

マンタの名前の由来は英語のマントにあるそうで、確かに海中をヒラヒラと泳ぐその姿はマントを連想することが出来ます。

正式にはManta ray(マンタレイ)というのですが、エイのことを英語でSting ray(スティングレイ)ということからも、エイの仲間だということがわかると思います。

マンタは巨大なエイの仲間という認識でいれば問題ありません。

実際、ガイド中にマンタを海外の方に紹介するときに、Manta rayでピンと来ないゲスト様にも、Big Sting rayで通じることが多いです。

ちなみに石垣島で見られるマンタはナンヨウマンタという種類です。

 

マンタの大きさ

では実際にマンタはどの程度の大きさの生き物なのでしょうか?

石垣島マンタ

マンタは種類によっても大きさが違うのですが、石垣島で見られるマンタのサイズは身体の幅でおよそ2m~4m程度のものが多いです。

ちなみにオニイトマキエイという種類のマンタでは、最大で8mを超えるサイズの個体も確認されているそうです。ほんと大きな生き物ですね。

マンタは通常群れで泳ぐことが多く、海中を漂うプランクトンを食べて生きています。

お腹にはコバンザメがついて一緒に泳いでいることがあり、運さえ良ければたくさんマンタが群れで泳ぐ様子を見ることも出来ます。

そんなマンタが石垣島では通年泳いでいて、世界的なマンタスポットそして有名なのです。

石垣島は世界的にマンタと泳げるスポットとして有名

石垣島で日本百景のひとつに数えられる川平湾ですが、実はこの川平エリアにマンタの有名スポットが存在しています。

石垣島でシュノーケリングしてマンタ

石垣島のマンタスポットで有名なのはマンタシティ、マンタスクランブルという名前で呼ばれており、世界中からマンタと泳ぐためにダイバーがやってきます。

有名なのはこの二つのスポットですが、他にもマンタの訪れる場所は石垣島の近海にいくつかあるので、思いがけない場所で遭遇することもあったりします。

 

石垣島でシュノーケリングしてマンタと泳ぐ方法

マンタと一緒に泳ぐためには、当然ですがマンタのいる場所を知っていないといけません。

そしてマンタが泳ぐ海はある程度深い場所で、ビーチからの距離も離れているため、船に乗ってポイントまで行くことが一般的です。

そのため石垣島でマンタと泳ぐためには、基本的にマンタポイントを熟知したマリン業者のマンタツアーを利用するのが普通です。

ダイビングだけではなくシュノーケリングでもマンタと泳ぐツアーを組んでいる業者もありますので、ダイビングが苦手だったり出来ない理由がある方も安心して下さい。

 

石垣島のマンタシーズンは?

石垣島のマンタは一年を通してあうことが出来るのですが、その遭遇率は場所と時期によって大きく違うので知っておくとよいでしょう。

先述した2つのマンタスポットでは9月~11月、特に10月はマンタとの遭遇率がとても高くなります。

石垣島にある多くのマリンショップがマンタシティ、マンタスクランブルを利用するため、石垣島でマンタに遭うためには9月から11月に旅行を計画するといいかもしれません。

ちなみに私がプライベートでマンタと泳ぐスポットでは、12月~2月がマンタと遭遇する確率が高いです。

ツアーの予約時にショップにマンタとの遭遇率について問い合わせるといいかもしれませんね。

マンタと泳ぐシュノーケルの際の注意点

石垣島で有名なマンタスポットであるマンタシティとマンタスクランブルには、マンタと泳ぐ際のルールがあるので紹介します。

これには今後も継続してポイントにマンタが現われてくれるように、ポイントを荒らさないためのものですが、同時に自然の生き物であるマンタにストレスを与えないためのものでもあります。

 

 マンタを触らない
当然ですが野生の生き物であるマンタを触らないで下さい。人間だって知らない人、まして違う生き物から急に触られたらストレスを感じるはずです。

 静かに泳ぐ(声や音)
マンタを驚かせないようにしましょう。水の中は振動が伝わりやすいため音をあまり出さないように気をつけましょう。

 マンタを追いかけない
当然ですが人間だって誰かに追いかけられたら不安になるし逃げますよね。マンタを含めて他の生き物も同じです。

 マンタと同じ高さで泳がない
マンタは泳ぎながらプランクトンを食べています。マンタが泳ぐ邪魔にならないように同じ高さで泳がないように気をつけましょう。

 

各マリンショップのツアーでもこうした注意点を説明してくれるはずです。
ルールを守って楽しくマンタと泳ぎましょう。

マンタが海の中を雄大に泳ぐ様子には、自然の偉大さを感じることが出来るので感動しますよ。

 

まとめ

今回はマンタについてまとめてみましたがいかがでしたか?

マンタは巨大なエイの仲間で、石垣島では一年を通して遭遇出来るものの遭遇しやすいシーズンは9月~11月です。

石垣島のマンタスポットには、こらから先の未来もマンタと泳げる環境を守る為のルールがあるので守るようにしましょう。

巨大なマンタが海の中を雄大に泳ぐその姿は必見の価値がありますので、石垣島へ旅行の際にはぜひマンタと泳いでみてはいかがでしょうか。

-自然
-, , ,

Copyright© 石垣島ツアーガイド All Blue(オールブルー) , 2021 AllRights Reserved.