カツオの生産量が多いのは高知?和歌山?実は沖縄も多いんです!

投稿日:

春や秋にかけて、カツオが各地のスーパーで売られているのを見かけます。

皆様はカツオ好きですか!?

「鰹節」「カツオのタタキ」「お刺身」など食べると美味しい魚として有名ですが、このカツオがどの様に日本に来るのか、よく聞く「モドリガツオ」と言われる理由など、そしてカツオの主な食べ方や地方によって食べられる鰹節について、また沖縄でカツオが生産量、消費量としても有名なお話しをします。

カツオについて

カツオは全長で約40センチメートル、大型のもので1メートルあるスズキ目、サバ科に属する魚で外洋系の大型魚の一種になります。

種類と呼び方

カツオには「マナガツオ」「ソウダガツオ」「ハガツオ」という種類があります。

また、「カツオ」の呼び方は地方によって異なり、

仙台では「コヤツ」「ビンゴ」

北陸では「マンダラ」

和歌山、高知では「スジガツオ」と呼ばれます。

回遊

カツオは太平洋側に多く生息する

カツオの生息地は主に太平洋、大西洋、インド洋を経由して生息しています。

基本群で生活します、このことを「回遊」といいます。

「回遊」という言葉は、カツオが黒潮に乗って泳いで回ります。
ですが、カツオは黒潮に乗ってくると言われていますが実は黒潮に乗るというよりはマグロと同様に、止まることなく一生泳ぎ続けるからです。

日本には春先に見られ、そこで餌をたくさん食べて秋頃には南へ行ってしまいます。
そのため「戻り鰹(もどりがつお)」と呼ばれる様になりました。

泳ぐスピードも早く最高速度は時速50キロメートル出ると言われます。

日本でカツオの旬といえば春と秋になります。

なぜならその時期にカツオが太平洋側にやってきたり、餌をたくさん食べて脂の乗った美味しいカツオが水揚げされるからです。

カツオの有名な生産地

カツオは主に太平洋側でよく水揚げされます。日本で有名なカツオの生産地をご紹介します。

高知県

高知県ではカツオは全国一の消費量を表します。
「土佐のカツオ」とも言われ、県の魚として高知県が指定しています。

カツオのたたきは県内ではポピュラーな食べ物であり、食卓に並んだり観光地では藁で焼かれて、塩だけで食べられたりします。

年中を通して食べられますが、特に春と秋のカツオが美味しいと言われます。

和歌山県

和歌山県で主にカツオが食べられるのは太平洋側にある紀南地方、主な場所は串本、すさみ町になります。

すさみ町では「ケンケン鰹」として地域団体商標を取得し、

串本町では「しょらさん鰹」というネーミングが付き、ブランド化されています。

旬は春先の3月から5月にかけて、その日のうちに水揚げされるため鮮度が保たれた状態で出荷されています。

主にタタキで食べられますが、しょらさん鰹は刺身がいちばん美味しく頂けます。

カツオの食べ方、鰹節について

カツオの主な食べ方は地方によって違います。

また「鰹節(かつおぶし)」に関して、種類や地方によって呼び方や食べ方が異なったりします。

鰹節はカツオの肉を加熱し、乾燥させたものをかんなで削ったもので、日本の保存食としても有名な食べ物になります。

関西地方では「おかか」とも呼ばれています。

鰹節の食べ方は様々で種類もあり「削り節」とよばれます。

削り方にも様々な方法があり、薄く大きめに削られた花かつおと呼ばれる「平削り」細かく削られた「細削り」どちらもご飯の上にしょうゆをかけて食べたり、出汁として入れたりします。

また、カツオの種類によって削り方や加工方法によっての違いもあります。

沖縄はカツオの生産量は日本一

太平洋側で多く水揚げされるのですが、日本の中で特に多いのが沖縄で、生産量は日本一と呼ばれます。

2018年もカツオの水揚げは好調で、2トンも水揚げされました。
沖縄では方言で「あやがちゅー」と言われ、消費量も日本では非常に高く「カツオの町」とも言われます。

県内でもカツオ漁が盛んであり、石垣島でのカツオ漁も盛んで、石垣島でカツオを求めて船が出航します。

カツオの水揚げ方法は一本釣りで、新鮮なまま出荷されます。

本土で採れるカツオとの味も違い、亜熱帯地域としての気候で育ったカツオは脂身が少なくさっぱりした味わいのものになります。

石垣島のカツオ特産品

石垣島にはカツオの加工所があり、島の特産品として様々な加工食品が作られ、出荷されているものも多くあります。

出汁用の鰹節やカツオのあぶら味噌などが作られ、観光客へのお土産としても人気があります。

また、石垣島でのカツオ料理の種類にはバリエーションがあります。

特に居酒屋や家庭ではお刺身として食べられることが多く、中でも「カツオの心臓の刺身」があります。

これは新鮮なうちにしか食べることのできないもので幻のメニューでもあります。

他にも「カツオの尻尾の唐揚げ」を提供する居酒屋や「カツオのカルパッチョ」など、カツオの出汁を使った沖縄料理などもあり、カツオ料理を楽しむことのできるお店もたくさんあります。

石垣島での観光やアクティビティの後に、獲れたての新鮮なカツオを食べてみませんか。

-情報
-, , , , ,

Copyright© 石垣島ツアーガイド All Blue , 2018 AllRights Reserved.